China Blue-分量

今日はチャイナブルーを作る上で分量はどのくらいだと美味しくなるのかを調べてみます。

9278

まずは氷を入れたグラスにディタを30ml注ぎます。

9279

色づけ用にブルーキュラソーを10ml。

9280

グレープフルーツジュースを90ml。
ディタとの割合は1:3です。

9281

同じように今度はディタを30ml、ブルーキュラソーを10ml、グレープフルーツジュースを120mlのものも作ります。1:4ですね。

9282

一番右はディタ30ml、ブルーキュラソー1tsp(5ml)、グレープフルーツジュースを120mlでつくってみました。
まずディタとグレープフルーツの比率は1:4がよかったです。
1:3(グレープフルーツが90ml)だとディタの甘さが強すぎてただただ甘ったるいカクテルになっています。
ブルーキュラソーは10ml注いだ方が色も「ブルー」になりますし、グレープフルーツの苦味も感じにくくなります。
なので、ディタ30ml、ブルーキュラソー10ml、グレープフルーツジュース120mlが今のところベストだといえます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)