Moscow Mule-ジンジャーエールの種類

05/16 [月]

今日はモスコミュールを作る時にどのジンジャーエールを使うと美味しいのかを調べてみます。

9623

まずはウォッカを45ml。

9624

ライムジュースを15ml。

9625

ジンジャーエールを90ml。これはウィルキンソンの辛いやつ。
1/8カットライムを絞って完成です。

9626

ウィルキンソンのドライ(赤。茶色よりは辛くないジンジャーエール)、そしてカナダドライでも作り、比較しましょう。

9627

辛くない順にカナダドライ、ウィルキンソン赤、ウィルキンソン茶でした。
カナダドライはソーダっぽいといいますか、一番生姜の辛さは少なく、誰でも飲みやすい味です。
ウィルキンソンの茶色は後味にかなりの辛さが残り、喉が「カーッ」っとなります。パンチがとにかくあるので、好きな人も多いですね。
ウィルキンソンの赤色はカナダドライとウィルキンソン茶の中間ですね。
ジンジャーエールの生姜の辛さはまずは少ない方から試した方が飲みやすいので特に指定がなければカナダドライでいいと思います。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)