粉茶(煎茶粉)を美味しく淹れる-その2

今日は粉茶(煎茶粉)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
前回は渋かったので、抽出時間を短くしてやってみます。

5163

お茶の葉(粉)は6g使います。

5164

お茶の葉(粉)は急須にではなく、ストレーナーに入れます。

5165

そして直接注ぎます。
260ml(90℃)と170ml(70℃)の二つでやってみます。

5166

急須からはもうふたをせずにすぐに茶碗に注ぎます。
一度急須に入れることで濃度を一定にします。

5167

90℃で淹れたものはかなり渋いです。浸出時間がほぼないのに渋いのはこれはもう温度を下げるしかいないですね。
70℃で淹れたものも少し渋味がありますが、これはお湯の量を増やすことで何とかなりそうです。
ということで、次回はお湯の温度を低く、お湯の量を増やして試します。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)