粉茶(煎茶粉)を美味しく淹れる-その3

今日は粉茶(煎茶粉)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
前回に比べてお湯の温度を下げる事と、お湯の量を増やしてみます。

5169

お茶の葉(粉)は6g使います。

5170

粉茶はすぐに抽出できるので茶漉しにお茶の葉(粉)をいれます。
こうすれば、抽出しすぎによる渋味過多が防げます。

5171

お湯の温度を60℃、お湯の量は260mlでやってみました。

5172

お湯の温度を70℃、お湯の量260mlでも試してみましょう。

5173

70℃ではシャキッとなるほど渋いですが、後味はいいので頭がぼーっとしている時に飲むとリフレッシュできそうです。60℃は70℃と全く異なり渋味が抑えられすっと飲みやすいです。どちらもオススメですね。

このように粉茶は中級煎茶の入れ方を参考に温度をぐっと下げて、浸出時間をほぼ0にするのがポイントだといえます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)