粉茶(玉露粉)を美味しく淹れる-その1

今日は粉茶(玉露粉)の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
玉露を作る時に出る余り物みたいなものですね。

5200

見た目は煎茶粉と違いはありません。
なので煎茶粉と同じようにまずは淹れてみましょう。

5201

お茶の葉を6g。お湯の量は260ml。

5202

玉露粉なのでお湯の温度は60℃にして茶漉しを使ってそのまま通します。
浸出時間はほぼ0と言ったところでしょうか。

5203

すると少し薄く感じられたのでこんどは急須に入れて同じ条件で30秒の浸出時間でやってみます。
粉を漉すために茶漉しを使います。

5204

左が茶漉しを使ってそのまま、右が30秒の抽出時間です。
煎茶粉よりも少し通す時間をかけたほうが美味しく出ますね。
もうすこし研究を続けましょう。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)