美味しいお茶の淹れ方-お湯の冷まし方による違い

今日はお茶を淹れるときのお湯を冷ますときに空気を取り込んだら味がどう変わるかを調べてみます。

5453

上級煎茶でやってみます。お茶の葉の量を6g、170mlのお湯を70℃に下げてから急須に注ぎます。

5454

沸騰したお湯を使うんですが、そのまま自然に70℃まで下げる方法と、
上の写真のように高い位置から落とすことで空気を取り込みながら温度を下げる方法でやってみます。

5455

浸出時間は1分間。

5456

1回で注ぎきり、味の比較をします。

5457

右の方が空気を入れたものです。
お茶を淹れた直後なので右が少し濁っていますが、味の明確な違いは感じられませんでした。
まだまだ研究は続きます。。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)