玉露を薄めで淹れる

今日は玉露を薄めて淹れてみましょう。

7936

玉露は旨味が特徴でより旨みを感じられるように濃く淹れるのが私の好みですが、ウイスキーなどと一緒で濃すぎると初めての人には「なんじゃこりゃ!?」ってなるので薄めで美味しい淹れ方を探してみます。

7937

まずは上級煎茶の淹れ方で。
お茶の葉の量6gを急須に入れます。

7938

お湯の温度は70℃、170ml注ぎます。

7939

玉露は通常もっと低い温度(50℃程度)で浸出時間を2分くらいの長めで淹れるのですが、煎茶のように浸出時間を1分間でやってみましょう。

7940

美味しい煎茶のような味になりました。
もう少し玉露の特徴である旨味の濃さを出すために時間を長く淹れてみましょう。
6g、170ml、50℃にして2分30秒浸出で試してみます。
。。。ぬるいですが、濃さは出てきました。ただ後味に渋味が残ったので時間をほんの少し短く、お茶の葉の量を増やしてみます。

7941

最後に試したのがお茶の葉の量9g、170mlで50℃のお湯で2分間。
うん、このくらいの濃さだったらいいですね。玉露としては薄いですが、特徴は感じられます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)