Irish Coffee-コーヒー濃度とアルコール

10/10 [金]

今日はアイリッシュコーヒーを作る上でのコーヒーの濃度に注目してみました。

3530

コーヒーはドリップで通常の濃さと1.5倍くらいの濃さを準備します。

3531

ちなみに27gの豆を360gのお湯で抽出(2杯分)、濃い目は40gを380gで抽出しています。

3532

アイリッシュウイスキーは30mlと40mlの2種類でそれぞれ普通の濃さと濃い目のコーヒーで割ります。

3533

どちらも仕上がりが150mlになるようにしています。

3534

お酒30ml+普通のコーヒー120mlは水っぽく感じます。
お酒40ml+普通のコーヒー110mlはお酒が前に出ていましたが美味しいです。

お酒30ml+濃いコーヒー120mlはコーヒーの風味が感じられてこれも美味しいです。
お酒40ml+濃いコーヒー110mlはアルコールが前に出すぎて飲みにくいですね。

結論としては、
普通のコーヒーの濃さで割る場合、お酒を気持ち多めに注げばバランスが良くなり、
お酒の量を増やしたくない場合はコーヒーを若干濃い目に抽出すればバランスが良くなります。

コーヒーを濃くする場合、今回1.5倍の豆量でしたが実際には1.2倍程度でちょうどいい感じだと思いますね。これはなかなか面白かったです。

Pocket



この記事を見て飲みたくなったら「いいね!」をしよう!



What would you like to drink?(次は何を飲もう?)