Screwdriver-ビルド、ステア、シェーク、ドライシェークでの味の比較(1:2)

今日はロングカクテルでの製法の違いによる味の違いを調べてみます。
作るのはスクリュードライバー。
レシピはウオッカ45ml、オレンジジュース90ml、お酒:ジュースの比率が1:2で作ってみます。

6996

まずはグラスにそのまま注ぐビルドで作ります。

6997

次にミキシンググラスに材料を入れステアしてからグラスに注ぎます。

6998

そしてシェーカーに材料を入れ、氷を入れてシェークするパターンも。
二段振りで20往復しました。

6999

最後はシェーカーに材料を入れ、氷を入れずににシェークするドライシェーク、いわゆるワーキングミックスで作ります。

7000

ビルドで作ったものは素材、特にウオッカの味がダイレクトに感じました。
ステアで作ったものはビルドに比べて味の均一性がありますが、ビルドと味は変わらなくウオッカの味が強いです。
氷を入れてシェークしたものは泡立っているせいで口当りがビルドやステアとは違う感触です。また、なぜかオレンジの味が無くなっています。そのオレンジの味が消えているのにアルコールの強さがあるのでいまいちです。
氷を入れずにシェークしたものは泡立つけどアルコールの強さは変わりません。オレンジの甘みは感じますが冷えていません。

今回はアルコールが強すぎたため全体的にバランスが悪かったです。
それぞれ違いはありましたが、どれも美味しくはなかったですね。
また、配合の比率を変えて比べてみます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)