熱湯氷出し京番茶

昨日に引き続き、研究を。
京都府茶協同組合の戸塚浩司氏のセミナー、「熱湯氷出しの淹れ方」です。

6000

研修ではやってなかったもの、京番茶で淹れるとどうなんだろう?実験です。
この京番茶はかなり焙じ香が強く(いつも買っているのとはべつのお茶屋さんのものです)、そのままでは強すぎるのでこちらで試してみます。

6001

氷をたっぷりといれ、お茶の葉を10g。

6002

京番茶はかさがあるので大きめの急須でやってみました。
熱湯は100ml注ぎました。

6003

冷たくなるまで3分くらい待ち、注ぎます。

6004

細かい茶の葉は置いておいて、しっかりと味は出ています。
ただ、番茶や焙じ茶などは元々熱湯で淹れるので熱湯で濃い目に出し、それから氷を入れて急冷してもいいのかもしれませんね。また今度やってみます。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)