玄米茶+ソーダ

今日は玄米茶のソーダ割で美味しくなるポイントを探してみます。

7631

玄米茶です。

7632

お茶の葉5g、熱湯を200ml、浸出時間を30秒の普通の濃さと熱湯を150mlにした少し濃い目のお茶の二つを準備します。

7633

冷ましてからグラスに注ぎます。
淹れたすぐのお茶は熱いので大きいシェーカーに水を入れて上から重ね、水を取り替えながら冷やしました。

7634

ソーダはお茶と同量とお茶の2倍量の二つで比べてみます。
同量は微炭酸になり、2倍量の方が炭酸が残ります。

7635

玄米の味、香ばしさが意外とソーダに合いますね。炭酸は弱めですがお茶と同量のソーダの方がいいと感じました。濃さは通常でも、少し濃い目でも大丈夫でしたので、好みで選ぶといいですね。これはカクテルの素材としてありだと思います。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)