釜炒り茶飲み比べ

今日は釜炒り茶を飲み比べましょう。

まずは熊本県の極上釜緑茶を。品種はおくゆたか、2015年製造です。
とても細かくていいお茶ですね。

5gのお茶に50℃、60mlのお湯を注ぎます。

旨味が強く、甘いお茶です。後味の余韻も心地よくて美味しいです。

こちらは三重熊野の釜炒り茶。大きくて赤味がかっています。

3gのお茶に熱湯を150ml注ぎました。
漢方っぽい不思議な味です。

こちらは奈良の釜炒り茶。こちらも大きくて少し緑がかっています。

5gのお茶に95℃のお湯を150ml注ぎ、すぐに湯冷ましに移します。

いわゆる洗茶というものです。

再び95℃のお湯を150ml注ぎます。

香りがいいですね~。

釜炒り茶と言ってもそれぞれ全く違う風味なので、一つのカテゴリーにまとめるのが難しいですね。今日のヒットは極上釜緑茶でした。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)