今日は中国茶の岩茶の飲み比べをします。

こちらは岩茶肉桂、2017年のものです。

洗茶した5gのお茶に95℃のお湯を80ml注ぎ、30秒浸出します。

こちらは同じ肉桂ですが、2016年のものです。

こちらも洗茶した5gのお茶に95℃のお湯を80ml注ぎ、30秒浸出します。

2017年のものは水色は薄めですが香りが素晴らしいですね。華やかで飲みやすく、余韻もいいので美味しいです。
2016年のものは殺青の問題でしょうか、少し苦味を感じました。
これ、畑が違うのかもしれませんが1年で全然違うものだったのでビックリしました。
淹れ方の問題もあると思います(2016年のものも工夫してもっと美味しく淹れられるはずです)が、やはりお茶って農作物なので年によっていろんな味になるんですね。
こういうことをいろいろ考えながら飲むのがまたお茶の楽しみだと思います。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)