今日はペーパードリップ(一つ穴)でコーヒーの豆量を変えると味がどう変わるかを調べてみます。
一つ穴のドリッパーはお湯が落ちる速度が一定なので何回かに分けずに一度に全部入れてほっておけばいい楽な設計になっています。

8624

まずは豆を10g。ケニア・テグ・コーヒーファクトリーを使っています。

8625

20g程度90℃のお湯を注湯し、20秒蒸らします。

8626

その後一気に1の線まで注ぎます。
量を見ると180gでした。

8627

落ちきるまでに1分50秒。150gのコーヒーが抽出できました。
飲むと少し薄く感じたので12g、13gでも抽出します。

8628

13gは酸味が前に出ていたので12gの方が飲みやすかったです。
お湯の量もラインまで注げばいいので簡単ですね、一つ穴は。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)