White Lady-ひっくり返す

今日はシェーカーの持ち方で振りやすさや味が変わるかどうか研究します。

6192

ホワイトレディを作ります。
レシピはドライジン30ml、ホワイトキュラソー15ml、レモンジュース15mlをシェーク。

6193

まずは普通の持ち方、キャップが利き手の親指にかかるように持ってシェークします。

6194

40往復で霜がつきました。

6195

今度は同じレシピで逆さまに、つまり利き手の親指はシェーカーの底にかけ、添える方の手(私は左手)でキャップを持ってシェークします。

6196

初めてやったのですが、シェークがやりやすいです。
37往復で霜がつきました。
これはシェーカーの形状と、キャップが手前じゃない分重心が手前に移動するからコントロールしやすくなるのでしょう。
キャップに液体がたまらないように意識をしてシェークをすると冷えるスピードも普通の持ち方と変わらないようになるかもしれません。これは練習すると面白いですね。

カクテル研究一覧はこちら

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)