ブレンド茶-かりがねベース

今日は4種類のお茶を使ってブレンドしたお茶を淹れましょう。

8150

煎茶、玉露、碾茶(てんちゃ) 、かりがねを使います。

8151

今回、かりがねを全体の半分(5割)の量にしてみましょう。
まずは煎茶を3.3g。

8152

玉露も3.3g。

8153

碾茶(てんちゃ) も3.3g。

8154

そしてベースとなるかりがねを10g拝見盆にいれ、よく混ぜます。

8155

かりがねの白いお茶が目立ちます。

8156

10g、土瓶(急須に)入れます。

8157

お湯は280ml。まずは90℃のお湯で淹れてみましょう。

8158

浸出時間は1分間。
同じ条件で今度は70℃でも淹れてみましょう。

8159

90℃は碾茶の香りとかりがねの味で悪くないんですが、ちょっと味が強いかもしれません。
70℃にすると、今度はちょっと頼りない感じでした。もう少しお湯の量を減らすかお茶の葉の量を増やして対応した方がいいかもしれませんね。かりがねはブレンドのベースとして使うよりも味の複雑さを加える位置づけかもしれません。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)