煎茶の茶葉を見ながら淹れる

今日は煎茶を淹れるときに茶葉を見ながら美味しく淹れるポイントを探ってみます。

9138

100g1000円の煎茶です。

9139

小さじ2杯、急須に入れます。

9140

急須の底が埋まる程度の量でした。
そこに湯冷ましにお湯を入れ、その後茶碗に八分目くらい2杯移したお湯を注ぎます。

9141

注いだすぐの状態です。

9142

しばらく見ているとお茶の葉が徐々に開いてきました。

9143

さらに見ているとお茶の葉が徐々に開きます。
開ききったかなというところで蓋をして茶碗に注ぎます。

9144

2杯分、廻し注ぎをします。

9145

蓋を取ってみてお茶の葉の開き具合を確認します。

9146

甘さが出て美味しい。
このお茶の開き具合や急須に残るお茶の葉の状態を憶えておけば美味しく淹れられますね。

What would you like to drink?(こちらも合わせてどうぞ)