釜炒り茶飲み比べ

今日は釜炒り茶を飲み比べましょう。

まずは熊本県の極上釜緑茶を。品種はおくゆたか、2015年製造です。
とても細かくていいお茶ですね。

5gのお茶に50℃、60mlのお湯を注ぎます。

旨味が強く、甘いお茶です。後味の余韻も心地よくて美味しいです。

こちらは三重熊野の釜炒り茶。大きくて赤味がかっています。

3gのお茶に熱湯を150ml注ぎました。
漢方っぽい不思議な味です。

こちらは奈良の釜炒り茶。こちらも大きくて少し緑がかっています。

5gのお茶に95℃のお湯を150ml注ぎ、すぐに湯冷ましに移します。

いわゆる洗茶というものです。

再び95℃のお湯を150ml注ぎます。

香りがいいですね~。

釜炒り茶と言ってもそれぞれ全く違う風味なので、一つのカテゴリーにまとめるのが難しいですね。今日のヒットは極上釜緑茶でした。

釜炒りさえみどり、おくみどり、釜王、特選

今日は宮崎県五ヶ瀬の釜炒り茶を飲み比べします。

こちらはさえみどり。2016年製造です。

5gのお茶に65℃のお湯を80ml注ぎます。

釜炒り茶はお茶の葉を蒸さずに釜で炒って製造するので香りが出るのが特徴です。これはさえみどりの旨味がしっかりと出ていておいしいですね。

こちらはおくみどり。2015年製造です。

5gのお茶に70℃のお湯を80ml注ぎます。

わりあいにあっさりしているので普段使いにいいですね。

こちらは釜王と名づけられた、さえみどりをベースにブレンドしているお茶ですね。2014年製造です。

5gのお茶に70℃のお湯を80ml注ぎます。

さっぱり系ですね。

こちらは特選と名づけられたおくみどりをベースにブレンドされたお茶です。

5gのお茶に75℃のお湯を80ml注ぎます。

こちらもあっさりです。

今回は全て無農薬の有機栽培の釜炒り茶でした。
個人的にはさえみどりがよかったですね。

本宮茶を粉末にする

今日は本宮茶を粉末にして飲んでみます。

8110

和歌山の本宮で作られた釜炒り茶です。今の煎茶の作り方になる前、昔のお茶に近いと考えられます。

8111

1.5gすり鉢にとり、すりつぶします。

8112

粉にしたものを茶碗に入れます。

8113

沸騰したお湯を70ml、注ぎます。
しばらくするとお茶が沈殿してくるので上澄みを飲みます。

8114

紅茶のような渋味がありますが、まずくはありません。
昔を思い描きながら飲むのもいいですね。

本宮茶

今日は珍しいお茶、本宮茶(ほんぐうちゃ)を淹れてみましょう。

8104

和歌山の山奥、本宮で作られたお茶で釜炒り茶の一種です。
萎調しているのか、ひね(日が経っている)ているのか、褐色のお茶の葉です。

8105

お茶の葉を6g、急須に入れます。

8106

90℃のお湯を260ml注ぎました。

8107

浸出時間は1分間。
中級煎茶の淹れ方で廻し注ぎします。

8108

一般の煎茶とは違いました。
健康茶っぽい味で、なかなか面白いです。

蒸し製玉緑茶・釜炒り製玉緑茶(釜炒り茶)

煎茶の工程の最後の精揉工程(細く伸ばす)がなく、曲がった状態のお茶を玉緑茶と呼びます。
玉緑茶(蒸し製、釜炒り製)


生葉を摘んだ後、蒸してから作るのが蒸し製玉緑茶、グリ茶です。
蒸し製玉緑茶(並)-お茶の葉の量による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-お湯の量による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-お湯の温度による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)-浸出時間による味の違い
蒸し製玉緑茶(並)の美味しい淹れ方(movie)
蒸し製玉緑茶の茶葉を見ながら淹れる


6821

生葉を摘んだ後、釜で炒ってから作るのが釜炒り茶(釜炒り製玉緑茶)です。
釜炒り茶-お湯の量による味の違い①
釜炒り茶-お湯の量による味の違い②
釜炒り茶-お湯の温度による味の違い
釜炒り茶-浸出時間による味の違い

ブレンド茶(煎茶・釜炒り茶)

お茶をブレンドしたらどのような味わいになるのかを調べてみます。

6330

左が煎茶で右が釜炒り茶です。

6331

煎茶を3g、急須に入れます。

6332

釜炒り茶を3g加えます。

6333

お湯の温度は70℃、170ml注ぎ、1分待ってから3杯に注ぎ分けます。

6334

結構釜炒り茶の風味が勝ってますが、後味の爽やかさは煎茶からくるものかも知れません。
結構渋くて頭がシャキッとなりますね。パンチのあるお茶になりました。

釜炒り茶を一杯だけ淹れる

今日は釜炒り茶を一杯だけ淹れたい場合の量などを研究してみます。

6093

お茶の葉が曲がっているのが釜炒り茶の大きな特徴です。
いわゆる精揉工程(お茶の葉を伸ばす作業)がないんですね。

6094

まずは三杯分。お茶の葉を9g、240mlの60℃のお湯で1分30秒の浸出時間です。

6095

廻し注ぎをします。

6096

一人分にはお茶の葉を3g、60℃のお湯を70ml、浸出時間を15秒のばして1分45秒としました。

6097

三杯で淹れたほうが旨みが多く、渋味が少なかったです。
ただ1/3にしてお湯を少し減らし、15秒のばせばいいってもんじゃないですね。
微調整が必要です。。

釜炒り茶-浸出時間による味の違い

今日は釜炒り茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
浸出時間による味の違いを見ます。

5704

宮崎の釜炒り茶です。精揉工程がないので曲がった形が特徴です。

5705

お茶の葉を9g、急須に入れます。

5706

お湯の温度を60℃、お湯の量は240ml。

5707

浸出時間を1分、1分30秒、2分で比べてみます。

5708

左奥から1分、1分30秒、2分です。
1分では薄く感じた味わいも1分30秒では良くなり、2分経つと濃くなって少し渋味が目立ちました。ということで、今回は9gのお茶の葉を60℃の240mlのお湯で1分30秒で出すと美味しく淹れられました。

今回はお茶の葉の量を固定して味を追い込んでいきましたが、何を固定するかで結果は変わってきます。これ、なかなか面白いですね。

釜炒り茶-お湯の温度による味の違い

今日は釜炒り茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の温度による味の違いを見ます。

5698

宮崎の釜炒り茶です。9g、急須に入れます。

5699

お湯の量は240ml。
まずは70℃を基準にしてみます。

5700

浸出時間は1分間でやってみます。廻し注ぎをします。

5701

同じ分量でお湯の温度を60℃、80℃にして比べてみます。

5702

左から60℃、70℃、80℃です。
70℃に比べて80℃にするとただの渋苦いお茶になりました。
60℃では甘みが出ていましたが、若干薄いですね。
今度は60℃で少し長めに淹れてみます。

釜炒り茶-お湯の量による味の違い②

今日は釜炒り茶の美味しい淹れ方を研究してみましょう。
お湯の量による味の違いを見ます。

5692

宮崎の釜炒り茶です。煎茶が製茶工程のはじめに蒸すのですが、蒸す代わりに炒るのが特徴です。

5693

お茶の葉の量を9g、急須に入れます。

5694

お湯の量は210ml(一人前60ml)、240ml(一人前70ml)で比べてみます。
お湯の温度は70℃、浸出時間は1分間でやってみました。

5695

廻し注ぎをします。

5696

左が210ml、右が240mlです。
210mlはお茶のパンチがありますが、少し渋味も出ています。
240mlはさっぱり目ですが、飲みやすいです。
これを基にもう少し追い込んでいきましょう。